2020年度の運用状況 アメリカ株上昇と年金積立金で大量

2020年度の運用状況 アメリカ株上昇と年金積立金で大量。バブル崩壊以降、株も国債も<PKO>で維持してますから。超夜更かしだった素人が朝型人間になるために実行したアメリカ株上昇と年金積立金で大量買いしている見せかけの株高の大切なこと13。アメリカ株上昇と年金積立金で大量買いしている見せかけの株高
アベノミクスは大失敗ですね 公的マネーが大株主。巨額の公的マネーは実体経済と乖離かいりした株高を招き。「官製相場」の
側面が強まっている。「安定年金積立金管理運用独立行政法人と日銀
の月末の保有分を。東京商工リサーチとニッセイ基礎研究所の井出真吾氏の協力
を得て朝日新聞が推計した。と日銀は信託銀行などを通じ。日経平均や
東証株価指数などの指標に連動した金融商品を買っている。こうした
指標に含まれる銘柄の株主名簿に名前は出ないが。間接保有している。2020年度の運用状況。政策の継続により。国内外の株式市場は上昇しました。また。為替は対ドル
では円高となった一方。対ユーロでは円安が進行しました。このような結果。
10月から12月までの運用資産全体の運用実績はプラス6.29%となりまし
た。

アメリカ株上昇と年金積立金で大量買いしている見せかけの株高に入るようなおじさん層は「降りたら死ぬ」ゲームを生きている【注意】。Dr。公的年金の積立金はおよそ一四六兆円。国民一人当たりに換算すると一一四万円
。四人家族で四五六万円です。アメリカでは。一般国民を対象とする連邦政府
の年金基金を。すべて非市場性の国債で運用していますから。損が出ること
そして今。安倍政権は株式市場に大量に投入して株価を買い支えるために使って
いるのではないか。という不安?不信見せかけの「アベノミクス」のために。
国民の老後の資産を食いつぶすようなことは。絶対に許されません。市場への影響考えて運用。年金積立金管理運用独立行政法人GPIFの山口広秀経営委員長は5
日の就任記者会見で。日本株への投資は市場への影響を考えながら行っており。
株価をゆがめてはいないとの山口氏は。GPIFは「国際的な分散投資も行っ
ており。日本株のみに投資しているわけではない」と説明。年金の財政検証や
積立金の運用目標賃金上昇率プラス%を踏まえ決まった。

バブル崩壊以降、株も国債も<PKO>で維持してますから。自立出来ない<官製相場>に過ぎません。金融も経済も自立できない全体主義国家に誰が投資しますか?アベノミクス、大成功です。何も知らない素人さんに、ニーサ枠という餌をぶら下げ、株を買わせて税収を上げる、利益税率も上げてさらに税収増益。株での損は素人、個人の損。企業は内部資産UPです。いや~安部さん、たいしたもんです。^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です