日本統治時代の朝鮮 韓国については当時大韓帝国は日本に併

日本統治時代の朝鮮 韓国については当時大韓帝国は日本に併。日韓基本条約にサンフランシスコ平和条約の条件を韓国も受け入れるって文があるよだから日韓基本条約はサンフランシスコ平和条約の延長だと言われています。デキない人のメールには、「韓国については当時大韓帝国は日本に併合され大韓民国臨時政府を承認した国も存在せずまた他の亡命政府のような大韓民国臨時政府の指揮下にある軍も存在しておらず日本と交戦していなかったため韓国は講和条約署名国となれずまた講和会議へのオブザーバー資格での参加すらも拒否された」がない【震撼】。【徴用工問題】徴用工問題に対する「韓国大法院(最高裁)」判決は、サンフランシスコ講和条約とは無関係(相関関係がない)と考えられますが、皆さんはどう思いますか φ

サンフランスコ講和条約における賠償とは、連合国に対する賠償です

韓国は連合国ではない 朝鮮は、いわば日本という枢軸国への「協力地域」である つまり連合国にとっては朝鮮は「敵地」である

韓国については、当時、大韓帝国は日本に併合され、大韓民国臨時政府を承認した国も存在せず、また他の亡命政府のような「大韓民国臨時政府」の指揮下にある軍も存在しておらず、日本と交戦していなかったため、韓国は講和条約署名国となれず、また、講和会議へのオブザーバー資格での参加すらも拒否された

↓サンフランシスコ講和条約(サンフランシスコ平和条約)【全文】
http://worldjpn grips ac jp/documents/texts/docs/19510908 T1J html

↑「第十四条(a) 」は、以下の通り

(a) 日本国は、戦争中に生じさせた損害及び苦痛に対して、連合国に賠償を支払うべきことが承認される しかし、また、存立可能な経済を維持すべきものとすれば、日本国の資源は、日本国がすべての前記の損害又は苦痛に対して完全な賠償を行い且つ同時に他の債務を履行するためには現在充分でないことが承認される

★「サンフランスコ講和条約」における賠償=第二次世界大戦における連合国に生じさせた損害及び苦痛に対して、連合国に支払う賠償

★「韓国大法院(最高裁)」の賠償=日本の韓国併合(植民支配)に対する賠償

※「第二次世界大戦」と「日韓併合」とは無関係

【韓国大法院(最高裁)判決概要】

韓国大法院(最高裁)は「請求権協定交渉過程で日本が植民支配の不法性を認めなかったため関連損害賠償請求権に影響を及ぼすことはできない」とした すなわち、「請求権協定は日本の植民支配に対する賠償を請求するための交渉ではなく、韓日両国間の財政的?民事的債権?債務関係を解決するためのもの」であり、したがって「日本の国家権力などが介入した反人道的違法行為は請求権協定で解決されていない」と言っている

韓国大法院(最高裁)の判決文(全文)

↓新日鉄住金徴用工事件再上告審判決(大法院2018年10月30日判決)
http://justice skr jp/koreajudgements/12 5 pdf search=%27%E5%BE%B4%E7%94%A8%E5%B7%A5+%E5%88%A4%E6%B1%BA%E6%96%87+%E5%85%A8%E6%96%87%27

↑44/44、日本政府の韓半島に対する不法な植民支配と侵略戦争の遂行と直結した日本企業の反人道的な不法行為により動員され、人間としての尊厳と価値を尊重されないままあらゆる労働を強要された被害者である原告らは、精神的損害賠償を受けられずに依然として苦痛を受けている 大韓民国政府と日本政府が強制動員被害者らの精神的苦痛を過度に軽視し、その実状を調査?確認しようとする努力すらしないまま請求権協定を締結した可能性もある 請求権協定で強制動員慰謝料請求権について明確に定めていない責任は協定を締結した当事者ら が負担すべきであり、これを被害者らに転嫁してはならない 以上のような理由から、多数意見の論拠を補充しようとするものである 日本統治時代の朝鮮。一方。大韓民国においては。日帝時代。日帝統治時代。日本統治時代。日政時代
など様々な呼称があった。年。大日本帝国は大韓帝国との間に結ばれた「
韓国併合ニ関スル条約」日韓併合条約の締結によって大韓帝国を併合日本
政府は李氏朝鮮時代から朝鮮人にも日本陸軍の幹部を養成する陸軍幼年学校や
陸軍士官学校への入学を許可したので。李王高等教育については。官公私立の
旧制専門学校が多数設立されたほか。年に京城帝国大学が。朝鮮唯一の旧制
大学

日韓基本条約にサンフランシスコ平和条約の条件を韓国も受け入れるって文があるよだから日韓基本条約はサンフランシスコ平和条約の延長だと言われています。質問者様に同意します。徴用工問題は、日本政府による個人の人権侵害の問題であり、それを請求権協定違反国際法違反と捉えてムキになる安倍晋三は幼稚です。そうはいえ、韓国最高裁の判決は韓国国内でのみ効力を有するため、韓国内で活動する日本企業への損害賠償債務のみを認めることになります。質問者様が考えていることと、日本の外相が米国に指摘した意味が少し異なります。まず前提と日韓基本条約を、「朴軍事政権が売国的に結んだ条約」と定義し、本来は李承晩が提唱したww2戦勝国とする条約つまりサンフランシスコ平和条約の範囲内に『修正すべきだ』と言う考え方が韓国人の一部にあります。慰安婦を含めて、日本との条約を破る理由はここにあるわけです。さて。では、日本が韓国に屈し、徴用工と慰安婦を含んだ日韓基本条約を破棄?再締結にまで行った時。韓国の次の標的はなんでしょう?サンフランシスコ平和条約を修正し、戦勝国入りすることです。となると、日米の共通メリットが出てきます。そんな議論をハナからさせないためには、まず根本の日韓の条約を遵守させることが米国のメリットになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です