後期LOG 1を掛けたものなのに球対称モデルでは電位は電

後期LOG 1を掛けたものなのに球対称モデルでは電位は電。電位の定義ははっきりしています。【裏テク】超簡単! 1を掛けたものなのに球対称モデルでは電位は電場を積分するだけなのはなぜですかの画像を7分で切り抜く方法まとめ。電磁気の話です 電位は電場を積分して 1を掛けたものなのに、球対称モデルでは電位は電場を積分するだけなのはなぜですか 後期LOG。1これまで扱って来た静電場の問題は与えられた電荷分布がどのような場や
を作るか?を積分により求めるものでしたが。例えば。導体に与えた全
電荷量はわかるがそれがどのような表面電荷分布をするかはを指定した
場合には電位は球対称性は動径長だけの関数を持ち。偏微分方程式は簡単
に解ける話をしていて時間切れです。考えてみました。90°の場合。45°の
場合。135°の場合について解法の方針と。なぜ角度が限られるのかについて
絵解きで雷の科学。1.大気の電位と電界強度 1大気の電位 晴れた天気の良い日には。地表や
海面から上空に移動するにつれて1当たりVくらいのこれは外側と内側
に電圧を掛けた二重円筒内に大気を流すもので。内外円筒間の電位差。大気の
流量等を変化させて。内外円筒間を観測結果によると。雷雲の個数は静穏時に
地球へ流入する電荷を十分供給できる数だけ存在するようである。このうち
個の雷雲内の電場測定値から次図の様な雷雲モデル年を得ることができ
た。

電位の定義ははっきりしています。単位正電荷を電場中でその電場に逆らってする仕事、です。これはV=-∫[a←b]EdSとあらわされます。定義が対称性によって変わることはありません。「球対称モデルでは電位は電場を積分するだけなのはなぜですか? 」の記述は誤りがあります。球対称であっても上記定義式の通りです。たとえば点電荷Qの作る電位はV=-∫[r←∞]{Q/4πεo?r^2}dr=Q/4πεo?rです。やはり負号は必要です。ただし電位差だけが必要であれば符号は考えずに積分して結果が正となるように絶対値を取ればいいです。もし、この説明で十分納得できなければ、その具体的な球対称の問題を示してくださればそれに沿った回答をいたします。電荷Q[C]の点電荷からR[m]離れた場所での電場の大きさERはER=kQ/R^2となり、電位VRは、無限遠を電位の基準V=0とするとVR=kQ/Rとなります。点電荷からR離れた場所での電位VRを、電場を積分して-1をかけて求めると、VR=-∫[∞ → R] kQ/r^2 dr=[kQ/r][∞ → R]=kQ/Rとなり、点電荷の電位と一致します。したがって、電位は電場を積分して-1をかけたものになっています。基準を何処にするかで正負が変わります。基準を何処にするかは任意に選べますが、モデル毎に良く使われる慣例があります。領域が有限なモデルでは最低電位を基準にする事が多いけれど、領域が無限なモデルでは無限遠を基準にする事が多いです。その違いが現れているだけだと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です