お寄せいただいたご意見 小学校教員は勤務状況に不満疑問を

お寄せいただいたご意見 小学校教員は勤務状況に不満疑問を。何勘違いしているのですか。【裏テク】TOEIC433点台でも565点を超えられる勉強法を一気にまとめてみた。小学校教員は勤務状況に不満、疑問を抱いてる方は多いと思いますが、教員達はそれを変えようと自治体に訴えたり、裁判に訴えたり努力はしないのでしょうか 教師の残業代はなぜ出ない。教師になったものの。残業代が出ないと知って戸惑っている」そんなお悩みを
抱えていませんか?今回は。教師の残業代がほとんど出ない理由。教師が実質的
に「残業代」を増やす方法など。公立学校で働く教師のみなさんの疑問にひとつ
ずつお答えしていきます。残業時間が月に100時間を超えるような教師も
珍しくはなく。その上束の間の休憩時間も現実的には生徒への実際にはもっと
時間外勤務を行っている」という方も多いのではないかと思います。教員はどんな研修を受けているの。など。教員の研修に関して様々な疑問を抱いている方も多いかと思います。
具体的には。新規採用された教員初任者は週時間以上。ベテラン教員の
授業を見たり。授業に対するフィードバックをもらうなどの校内

お寄せいただいたご意見。奨学金の利用者学生。返済者。お子さんが奨学金を利用?返済している方
など。奨学金について感じること。困ってそれこそ皆さんが言われているよう
に親の年収を見ないとか。成績だけ見るとか。やりようはあると思います。
様々な家計状況が存在するが高収入な親でも子供に奨学金という借金を背負わせ
たり反対に低収入だからこそ負担なくさらに。教員特に年配の高校の先生
には。「返還特別免除制度」はすでに廃止しているということを周知して欲しい
です。

何勘違いしているのですか。小学校教員は、組合活動が盛んじゃないですか。日教組とその下部組織の都道府県教組なんて、労働争議はもはややり尽くして主張が全部通って、日の丸?君が代問題にまで手を広げてるじゃないですか。30年以上も前から。これ以上、何を求めるというのですか? 何を変えたいのですか? 裁判で何を訴えるのですか? ← 最後の問いなんて、おかしすぎて涙が出てくる…。ま、聞きかじった知識を鵜呑みにして、社会に参加したつもりでいる、包茎ふにゃちん野郎のマスかき宣言みたいなもんだろうけどさ。何勘違いしているのですか。公立の教師は公務員です。公務員はそれなりの恩恵を受けています、もし一般企業と同等にしろという事なら、まずは公務員の恩恵をなくすことからではないでしょうか。今から40年くらい前団塊ジュニアの時代児童数は、現在の「倍!」に近いくらいいました当時、コピー機、PC、FAX さえ無い時代土曜日も授業があり今とは明らかに違いました1クラス40人程度いたのも現在は20名程度で約半分テストの採点も半分の時間です プリント作業も、パソコンにデータを保存すれば、使い廻しができる状態昔は学校に車で通勤するのも困難でバスや自転車で出勤今の教師は、言いたい放題いじめに対応も全くしない!これからどうなるか?って質問だが、滅茶苦茶になるんだよ!仕事する気の奴は、採用しなければいいんだ!中途採用でも、やる気のあるやつを採用しろ!そもそも公務員を選択する人はあまり目立ったりしたくない、流れに従順な人が多いですもんね。学校の先生も意思を持って早く帰る日を作るとか、個人でできる事もあるだろうけど、あまり主張を好む人達ではなさそうですよ。誰かが環境を整えてくれるとでも思ってるのか、只々、毎月給料が振り込まれればいいと思ってるのか?そんなこんなで教師を志す優秀な人も減り、意志のない人が将来の日本を担う子を育てられるのかな?と日々疑問に感じています。小学校も中学高校も、公立学校も私立学校も、勤務条件や給与関係、その他の福利厚生関係もすべて、きわめて模範的な形になっています。勤務時間も1日8時間で、休憩時間や休息時間も保証されています。給与関係はきちんとした「給与表」が作られ、完全な年功序列賃金制になっています。時間外勤務に対しての手当ても「教員特別勤務手当」として、1カ月に8時間分が、当初から上乗せされています。毎日、キチンを勤務時間終了とともに退庁すれば、その手当は丸儲けですね。1年間20日間の年次有給休暇も保証されています。7月8月には夏休みの特別休暇も5日間あります。女性教師には1つにに2日間の「生理休暇」も保証されています。このような素晴らしい職場環境のある仕事はほかにはありませんよ。勤務時間を過ぎても、遅くまで仕事をしている。部活動で土曜や二津ようも毎日出勤して指導している。これらに関しては、「教科勤務命令」を出した校長は、全国誰一人としていませんよ。すべて教員が自主的に遅くまで仕事をしているのです。部活動もすべて自主的な奉仕活動です。裁判に訴える、なんてのは不可能ですよ。すべてその教員が「自主的」に仕事をしているだけですから。嫌ならば、勤務時間内にさっさと帰ればいいだけですよ。部活動も、全て勤務時間内にだけすればいいことですよ。休日はしなくてもいいのですよ。それをやっているのが、教職員組合のはずです。でも、上手くいかないんです。たとえば、中学校には部活動がやりたくて教員になった人がたくさんいます。その人たちも、組合に入っています。「部活動の活動時間を減らせ!」と組合が言うと、「それはおかしい!」という声が内部から上がってしまいます。なので、簡単にはそれをやれないのです。今は、世論が「学校のブラックさを解消せよ!」となったので、それに沿った動きがあるはずです。でも、そういう世論が生まれたきっかけを作ったのは、組合ではありませんでした。組合が主導でそういう動きを作れたら、存在意義をアピールできたのでしょうけれどね。私は入っていなかったのですが、教員の待遇改善に尽力してきたのははっきりって教職員組合です。自治体との交渉などもやってきました。昔はストをやったため懲戒処分になり減給処分を受けたりしてましたよ。その分は組合が補填してました今は加入者も減って影響力の低下が著しいです。それでも今でもいろんな場で組合は待遇改善に向け頑張ってます。思想的にどうだとかいろいろ疑問もあるかも知れませんが、現役教員には少なくともそういう面での組合理解はしてもらいたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です